本文へスキップ

東山スカイタワーとはWhat is Skytower

東山スカイタワーのご紹介

○○○○○○○○イメージ

「東山スカイタワーとは」

 東山スカイタワーは、愛知県名古屋市千種区の東山動植物園に併設されている展望タワーです。高さは地上134m。(タワーは80mの丘の上にあるため、標高では214mとなります)
 名古屋市制100周年を記念して、1989年に建てられました。
 展望室は地上100m(標高180m)にあり、JRセントラルタワーズ、名古屋城、名古屋テレビ塔、ナゴヤドームなど市内を一望できるほか、天気がよければ、遠くに御嶽山や鈴鹿山脈の山並みを眺めることができます。


○○○○○○○○イメージ

「東海随一! ここでしか見ることのできない夜景」

 周りに高い建物がないので、とても素晴らしい夜景が眺められます。
 2004年7月「日本夜景遺産」に認定、翌8月には「夜景100選」にも認定された、国内有数の夜景スポットとして有名です。

 また、全国の観光タワーで構成されている「全日本タワー協議会」に加盟しています。また、近隣の展望タワーと「TOKAI5タワーズ」を構成しています。(名古屋テレビ塔・ツインアーチ138・水と緑の館展望タワー・すいとぴあ江南・東山スカイタワー)


設備のご紹介

○○○○○○○○イメージ

「名古屋市の行政防災無線基地という顔」

 3階には無線機械室が、3階から4階の中空部にはパラボラアンテナ用デッキが設置されています。
 災害及び平常時に市役所と各区役所・消防署などとの無線通信を行う際の中継基地となっています。(アンテナ14基
 また、南北のアンテナ用デッキには高感度カメラが設置され、市防災司令センターで、市内全域を24時間監視しています。

⇒ 詳しくはこちらをご覧ください。(PDFファイル)


○○○○○○○○イメージ

「制震装置による振動の軽減」

 展望室・スカイレストランの揺れを減らして快適に過ごせるようにするため、4階展望室の中心に設置されており、その実物をガラス越しに見ることができます。
 やじろべえのように1点で床に固定された約20tのおもりを揺らすことによって、建物の揺れのエネルギーを吸収し、揺れ幅を6〜7割程度に抑えています。
 阪神淡路大震災クラスの震度7(激震)でも大丈夫な仕組みになっているので安心ですね。
 なお、展望タワーで制振装置を設置している施設は大変珍しいので、お越しの際は是非ご覧ください。

その他にも魅力いっぱい☆

○○○○○○○○イメージ

標高190m・最上階「スカイレストランNAGOYA東山」

東山スカイタワーの最上階に位置するのが、「スカイレストランNAGOYA東山」。ランチタイムには、カジュアルなイタリアン・フレンチメニューを中心に、お子様向けメニューやキッズスペースもご用意しており、ご家族揃って気軽にお楽しみ頂くことが出来ます。ディナータイムには、夜景を楽しみながら本格フレンチコースをお楽しみ頂けます。年間200組以上の方にご利用頂いている「アニバーサリーディナー」やパーティプランなども人気です。 


○○○○○○○○イメージ

はちみつ専門店「はちみつぎふと
「はちみつぎふとアトリエ・シェールNAGOYA東山」

自然にやさしい、体にやさしい物を普段使いから贈り物までバラエティに取り揃えている「はちみつぎふと」。昨今ニーズの高まりつつある「蜂蜜」をメイン商材としたスイーツ等カフェメニューを展開するとともにはちみつラスク等の加工品から雑貨まで取りそろえております。
→「はちみつぎふと」のホームページはコチラ


○○○○○○○○イメージ

話題のパワースポット「上池竜の忘れ水」

 「東山のボートに乗ると別れる・・・」愛知県出身の方であれば多くの方がご存知のジンクスですね。
そのジンクスには、竜にまつわる伝説がありました。東山の上池に住んでいたとされるその竜は、悲しみなどを忘れさせてくれると言い伝えられています。
その竜を祀った水鉢が東山スカイタワーの展望室にあり、新たなパワースポットとして多くの方が訪れるようになっています。
あなたも忘れたいことや願いごとなどを短冊に書いて、竜の水鉢に溶かしてみてください。 





東山スカイタワー (名古屋) の口コミ